材料3つで簡単。唇がしっとり潤う「リップクリーム」の作り方

手作りリップクリーム

唇は皮脂や汗腺がなく、空気の乾燥などに影響を受けやすい部分。
いつもキレイでいるために、リップケアにもしっかり気を配りたいですよね。

そこで、今回は自然素材を使った手作りリップクリームのレシピをご紹介します。

市販品にないしっとりとした使い心地で落ちにくく、唇を長い時間保湿することができます。

いつもリップクリームを塗っているのに、唇がカサカサ荒れてしまったり、ひび割れてしまうという人にとてもオススメですよ♪

手作りリップクリームの基本のレシピ

ミツロウと植物オイルを使ったシンプルなレシピです。

用意するもの(リップクリーム2〜3個分)

作り方

  1. 使用する道具や容器をアルコールなどで消毒する。
  2. 耐熱容器にミツロウと植物オイルを入れ、湯せんや電子レンジで溶かす。
    ハンドクリームの作り方
  3. 全部溶けたら精油を加え、竹串などでよく混ぜ合わせる。
  4. リップケースに流し込む。
    *途中、材料が固まってしまったら、再度湯煎をして溶かしてから流し込んでください。
    手作りリップクリーム
  5. 冷蔵庫で冷やし、固まったら完成。
    手作りリップクリーム
保存期間は常温で約1か月です。ラベルシールにレシピと作った日を書いて容器に貼っておきましょう。

シアバターをプラスして保湿効果アップ

手作りリップクリーム保湿効果の高いシアバターを加えると、よりしっとりとしたリップクリームになります。

シアバター入りのレシピ

植物オイル10gの場合は柔らかめになります。量を減らすと固めに仕上がりますので、お好みで植物オイルの量を調整してください。

リップクリームにオススメのアロマオイル(精油)

真正ラベンダー
安全性が高く、肌荒れ全般に効果的。
ベンゾイン
甘いバニラのような香りで、傷を癒す作用があるため、唇の乾燥やひび割れに最適。
フランキンセンス
乾燥に効果的。肌を潤し、やわらかくしてくれます。
アロマオイルの中には、肌についた状態で紫外線に当たると、シミの原因になることがある「光毒性」という作用を持つものがあります。光毒性のあるアロマオイルを使う場合は、使用後5〜6時間は日光(紫外線)を避けましょう。

一般的なアロマオイルの中で特に注意が必要なのが、ベルガモット、レモン、グレープフルーツ、アンジェリカ・ルートの4種類です。

初心者さんには手作りキットも

材料や道具を揃えたりするのはちょっと面倒…そんな方には手作りキットが最適。
コスメ作りが初めてという方でも簡単に作れます。

保湿力バツグンのムルムルリップクリームキット

リップとクリームが作れるキット

ナチュラル素材でふっくら唇に

女性

Photo credit: j03 via VisualHunt / CC BY-NC

リップクリームは毎日唇に塗るものだからこそ、安全でナチュラルな素材がうれしいですよね。

とても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

注意点

  • 防腐剤や保存料が入っていないので、早めに使い切るようにしましょう。
  • お肌の弱い人は必ずパッチテストをしてから使いましょう。
  • 肌に合わない場合は使用を中止してください。
Pick up item!

手作りリップクリーム