正しいエッセンシャルオイルの選び方<前編>

最近では専門店をはじめインテリアショップや雑貨屋さんなどで、いろいろなメーカーのエッセンシャルオイルが手に入るようになりました。

そんな中、どのようなエッセンシャルオイルを買ったら良いのか迷ってしまう人も多いのでは。

そこで今回は、アロマテラピーに使うものとしてエッセンシャルオイル(精油)を選ぶときに、これだけはチェックしてほしいポイントを簡単にご紹介します。

エッセンシャルオイルを選ぶポイント

100%天然で純粋なエッセンシャルオイルを選ぶ

アロマテラピーはエッセンシャルオイルの成分を体の中に取り入れていく療法なので、オイルの品質はとても重要です。
それは100%天然で純粋であることが絶対条件です。

アロマオイル エッセンシャルオイル

商品のパッケージやラベルに、「エッセンシャルオイル」「ESSENTIAL OIL」「精油」のいずれかが明記されていることを確認しましょう。

合成香料は選ばない

エッセンシャルオイルと見た目がそっくりな合成香料が売られていることがあります。

パッケージや瓶に「アロマオイル」「フレグランスオイル」「ポプリオイル」などと明記されているものはアロマテラピーでは使えませんので注意しましょう。

似たような名前は要注意

エッセンシャルオイルにはたくさんの種類があり、中には成分が全く違っても似たような名前のものがあります。

例えば、「ラベンダー」と「ラベンサラ」。

なんとなく名前が似ていますが、原料となる植物が全く異なる別のものなので、間違えないようにしましょう。

おわりに

ここではトラブルを避けるために、最低限知っておきたいことをご紹介しました。

品質の確かなエッセンシャルオイルを選ぶために、次回はもう少し詳しいポイントをお話ししますね。