良質な芳香蒸留水(ハーブウォーター)の選び方・おすすめのブランド

フローラルウォーターの選び方・おすすめのブランド

こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

前回の記事「精油より優しい! 芳香蒸留水(ハーブウォーター)とは? 」では、芳香蒸留水とはどういうものなのか?メリットや使い方について解説しました。

今回は 芳香蒸留水の選び方おすすめのブランド をご紹介します。

品質の良い芳香蒸留水を選ぶためのポイント

質のよい芳香蒸留水を選ぶためには、以下のポイントをおさえておきましょう。

1. 水蒸気蒸留で得られたものを選ぶ

芳香蒸留水は水蒸気蒸留によって得られた水を指します。

アロマオイル(精油)を水で薄めたものや、ハーブティーは芳香蒸留水ではありませんので、間違って選ばないようにしましょう。

例えば「ローズウォーター」の場合、成分には「バラ水」「ダマスクバラ水」などと表記されています。

芳香蒸留水の選び方・おすすめのブランド

2. 植物の学名が明らかなものを選ぶ

芳香蒸留水の原料は自然の植物です。

パッケージやボトルに原料となっている 植物の学名 が明記してあるかを確認しましょう。

芳香蒸留水の選び方・おすすめのブランド

3. 無農薬・有機栽培の植物を原料としているものを選ぶ

芳香蒸留水は、肌に直接使えるのが大きな魅力です。

残留農薬を避けるためにも、 無農薬・オーガニック で栽培された植物を原料としているものを選ぶのがベストです。

初めて買うならこれ!おすすめの芳香蒸留水

芳香蒸留水はいろいろな種類があります。

どれを選んだらよいか迷ったときにはこちらを参考にしてください。

ローズウォーター(ダマスク)

芳香蒸留水といえばローズウォーターというほど、歴史・人気ともにNo.1のウォーターです。

美容によい働きをもち、とくに乾燥肌や加齢肌のスキンケアにおすすめです。

気品あるローズの香りは精神的にも良い作用が。そのままフレグランスとして使えるほど、素晴らしい香りです。

ローズのアロマオイルは高価でなかなか手を出せない…という方も多いと思いますが、芳香蒸留水であれば200mlで2,000円前後。自然なローズの香りを気軽に楽しめます。

ラベンダーウォーター

ハーブウォーター

ラベンダーウォーターは用途の幅広いオールマイティな芳香蒸留水。どのような肌質にも使えます。

香りはアロマオイル(精油)のラベンダーとは異なり、青っぽさを残したハーバルな香りです。

化粧水代わりに毎日のスキンケアに使ったり、疲れ目にラベンダーの芳香蒸留水をコットンにひたして、目の上に数分間置いてパックするとスッキリしますよ。

赤ちゃんのおむつかぶれや、子どものあせものケアにもおすすめです。

ネロリ(オレンジフラワー)ウォーター

ネロリ

ネロリウォーターはオレンジの花から抽出される蒸留水。フローラルでグリーンっぽさもある、大人女性に人気の繊細な香りです。

収れん作用にすぐれ、お肌の引き締めに適しています。

精神面への働きかけも大きく、ヒステリックなときや、大きなショックを受けたときに、気持ちを穏やかにしてくれます。

ジャーマン・カモミールウォーター

お肌のかゆみや炎症に効果的とされ、アトピー肌の方にも人気です。

カモミールティーのような独特のやさしい香りで、気持ちも穏やかに導いてくれます。

ローズウォーターとブレンドして、化粧水として使うのもおすすめです。

※キク科アレルギーの方は注意してください。

おすすめのブランド

先ほどのポイントを満たしてている、おすすめのブランドをピックアップしました。

KENSO(ケンソー)国産ハーブウォーター

アロマテラピーのプロも愛用する「KENSO(ケンソー)」のハーブウォーター。

完全無農薬有機栽培で育てられたハーブを、良質な地下水を原水とした水で丁寧に蒸留されています。

国産ならではの安心感に加え、商品ロットごとに残留農薬やpHなどを厳しくチェックした最高水準の品質が魅力です。

ハーブウォーターひとつひとつに分析表も付いています。

スプレータイプなので使い勝手も◎

種類
31種類
ローズウォーター、ラベンダーウォーターが人気です。

価格
200ml 2,200円
(ネロリのみ200ml 2,800円)

取り扱い店舗
一部のアロマスクールなどで取り扱いがありますが、実店舗で取り扱っているショップは少ないので、ネット通販が便利です。

フロリハナ

フロリハナ ネロリウォーター(芳香蒸留水・ハーブウォーター)

フランスのアロマブランド「フロリハナ」の芳香蒸留水もオーガニック栽培(もしくは野生の)の植物のみを使用。

高品質なのに手頃な価格がうれしいポイントです。

フロリハナの公式サイトにて、ロットごとの細菌検査と農薬薬品の検査結果をダウンロードすることができます。

種類
29種類
他メーカーではあまり見かけないジャスミンの蒸留水もあります。

価格
価格は種類によって異なり、200mlで約1,700円〜。

人気のローズダマスク、ネロリなどは100mlサイズもあり、お試しにも便利です。

取り扱い店舗
KENSO同様、実店舗で取り扱っているショップは少ないので、ネット通販がおすすめです。

おわりに

芳香蒸留水の選び方やおすすめのブランドをご紹介しました。

芳香蒸留水のなかには品質を安定させるためにエタノールが加えられているものもあります。

完全無添加でオーガニックにこだわるのであれば、今回ご紹介した「KENSO」もしくは「フロリハナ」の芳香蒸留水をぜひ選んでみてくださいね。

小田ゆき
芳香蒸留水は青っぽさのあるフレッシュな香りが特徴です。ラベンダーのように精油と香りの印象が大きく異なるものもあるので、初めての方は違和感を感じることもあるかもしれません。

でも、使っていくうちにこの柔らかな香りにきっと虜になってしまうはず。

とくに香りの心地よさを重視される方はフローラル系(ローズやネロリ)がおすすめですよ♪

こちらの記事もおすすめです

精油よりマイルド!芳香蒸留水(ハーブウォーター)とは?

2016.05.26




アロマやハーブが学べる
オンラインスクール開校中!

2022年2月開校。アロマやハーブを学べるオンラインスクール「Éclat Holistic School(エクラ ホリスティックスクール)」。

ここでしか受けられない魅力いっぱいな講座や講師陣が勢ぞろい。

古来からある植物や自然の知恵を身につけ、豊かな暮らしに役立てていきませんか?

<5〜7月・夏期講座お申込み受付中!>




RECOMMENDおすすめのPR記事