リードディフューザーの作り方・基本のレシピ

リードディフューザーの作り方、レシピ

こんにちは!アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

置いておくだけで香りを楽しめるリードディフューザー。最近ではすっかりルームフレグランスの定番的存在ですよね。

実は自分でも簡単に手作りできるって知ってましたか?

そこで今回は、リードディフューザーの作り方をご紹介します!

リードディフューザー作りに必要なもの

リードディフューザー作り方 材料
無水エタノール 50ml
ドラッグストアで購入できます。
お好みのアロマオイル 100滴(5ml)
初心者の人には、数種類のアロマオイルがブレンドされたブレンドエッセンシャルオイルがおすすめです。バランスよく調合されているので、1本でいい香りが楽しめます。
リードスティック 3〜6本程度
スティックの本数で香りの強さを調整できます。強くしたい場合は多めに。
お好みのガラス瓶 1つ
口が狭いもので小さめのサイズがおすすめです。遮光瓶であればベスト。
ビーカー、ろうと
ガラス瓶の口が狭い場合に用意しましょう。

初心者さんにはキットがおすすめ♪

リードディフューザーが簡単に作れる便利なキット(1,500円)が販売されています。
材料をひとつひとつ揃えなくてよいのでお得♪アロマオイルだけは持っているという初心者の方におすすめです。

作り方

1. ビーカーに無水エタノールを入れる。

無水エタノールは引火しやすいので、火の近くでは使わないようにしましょう。
リードディフューザーの作り方

2. アロマオイルを加える。

リードディフューザーの作り方

3. 竹串などで混ぜる。

リードディフューザーの作り方

4. ガラス瓶に注ぐ。(口が狭い場合はろうとを使って。)

リードディフューザーの作り方

5. リードスティックを差す。

リードディフューザーの作り方

お好みで、リボンなどで飾りつけをすれば、完成♪

リードディフューザーの作り方
口が広めの瓶を使う場合は、ビーカーを使わず、直接瓶に無水エタノール→アロマオイルの順に入れてOKです。

見た目もおしゃれに♪どんなガラスボトルで作る?

リードディフューザーの作り方

リードディフューザーはお部屋のインテリアにもなるので、せっかくなら見た目にもこだわりたいもの。

ディフューザー作りにおすすめのガラスボトルを集めてみました。

アンティーク風ガラスボトル

ノスタルジックなフォルムが新鮮。
トレンドの塩系インテリアやブルックリンスタイルにもマッチしそうです。

*サイズのバリエーションが豊富で100cc以上の大きめサイズもありますが、リードディフューザー作りには小さいボトルを選ぶようにしましょう。

ナチュラル・北欧テイスト

ハンドメイドのガラスボトル。花瓶用ですが、リードディフューザー作りにも。

ガラスの流れる自然なフォルムが素敵。さりげなく空間に彩りを与えてくれそう。
カラーバリエーションも豊富です。

華やかさがほしいときにはフラワースティックを

お花(造花)がついたリードスティック。1本添えるだけでも、印象がぱっと華やかになります。

市販のディフューザー容器を再利用してみよう

今回、私が使っている容器はフランフランのディフューザーの空き瓶です。

もし、家にそろそろなくなりそうなディフューザーがあれば、それを使うのもおすすめです。

その際には、必ず洗浄してから使いましょう。

■洗浄の方法:

  1. ディフューザーに残っている液体を、新聞紙などに含ませて袋に入れて捨てる。
  2. 空き瓶に無水エタノールを少量入れ、容器を軽く振るようにして洗浄し、汚れたエタノールを新聞紙などに含ませて捨てる。
  3. (2)を2〜3回繰り返す。

おわりに

リードディフューザーは、

  • 無水エタノール
  • アロマオイル

この2つの材料を順番に混ぜるだけなので、本当にあっという間に作れます。

自分の好きな香りで、オリジナルのディフューザーを作ってみてくださいね。

小田ゆき
無水エタノールは揮発性が高いので、1週間ほどでディフューザー液がなくなってしまいます。(揮発性があるので、しっかり香らせることができるのですが。)
もう少し長持ちさせたい場合は、グリセリンを小さじ1入れてみましょう。

リードディフューザーの作り方、レシピ

RECOMMENDこちらの記事もどうぞ