リードディフューザーの作り方・基本のレシピ

リードディフューザー 作り方

こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

置いておくだけで香りを楽しめるリードディフューザー。最近ではすっかりルームフレグランスの定番的存在ですよね。

実は自分でも簡単に手作りできるって知ってましたか?

そこで今回は、リードディフューザーの基本の作り方や長持ちさせるコツ、おすすめの材料などをご紹介します。

自作にチャレンジしたい!という方はぜひ参考にしてくださいね。

自作に挑戦!リードディフューザー作りに必要なもの

リードディフューザー  作り方 材料

リードディフューザーを作るために必要な材料は、

  • 無水エタノール
  • アロマオイル(精油)
  • ガラス瓶
  • リードスティック

の4つです。

また、紙コップまたはビーカーを用意しておくと作業がスムーズですよ。

無水エタノール

ディフューザー液のベースになるもの。エタノールには、無水エタノールと消毒用エタノールがありますが、リードディフューザー作りでは「無水エタノール」を選びましょう。無臭でアルコール度数が高い(99.5%以上)ため、アロマオイルを溶かすのに適しています

無水エタノールは薬局やネット通販で入手できます。

※無水エタノールは引火しやすいので、使用や保管の際は火気に十分注意します。

アロマオイル(香料)

天然精油であれば、心地よい香りが楽しめるだけでなく、リラックスや消臭、虫除けなどさまざまな効能も得られます。数種類の天然アロマオイルが調合されたブレンドエッセンシャルオイルなら、手軽に奥深い香りが楽しめますよ。

また、濃い香りに仕上げたい場合は、ポプリ用のフレグランスオイルや香水を使うのがおすすめです。

リードスティック 3〜6本程度

東急ハンズやフランフランなど雑貨店やネット通販で購入可能。なければ、竹串や竹ひごでもOK。スティックの本数で香りの強さを調節できます。

ガラス瓶

ディフューザー液の蒸発を抑えるため、口が狭いものを選びましょう。リードデューザー用ボトルのほか、100円ショップで手に入る小瓶や、ドリンクの空き瓶を使ってもOK。おすすめのガラスボトルは記事の後半でご紹介。

紙コップまたはビーカー

無水エタノールなどディフューザー液をガラス瓶に注ぎにくい場合に用意しておくと作業がスムーズです。

好きな香りでDIY!リードディフューザーを作ってみよう

基本のレシピ(50ml容器分)

  • 無水エタノール 50ml
  • お好みのアロマオイル 100滴(約5ml)
  • お好みのガラス瓶 1つ
  • リードスティック 3〜6本程度

作り方

[1] ガラス瓶に無水エタノールを入れる。
※無水エタノールは引火性があるため、火の近くでは使わないでください。

リードディフューザー  作り方 DIY

テーブルを汚さないように、受け皿やタオルを敷いておくと安心です。

ボトルの口が狭くて直接エタノールを注ぐことができない場合は、紙コップが便利。下の写真のように指で軽く折り曲げて注ぎ口を作るとよいですよ。

リードディフューザー 作り方 DIY

[2] アロマオイル(精油)を加える。

リードディフューザー 作り方 DIY

柑橘系など色のついた精油を使うと、自然な色合いも楽しめます。

無水エタノールとアロマオイルの分量は「10:1」の比率を目安に、お好みで調節してください。

<例>
・無水エタノール50ml、アロマオイル5ml(約100滴)
・無水エタノール30ml、アロマオイル3ml(約60滴)

※アロマオイル1滴は約0.05mlです。

[3] リードスティック(もしくは竹串)を数本差し込む。

リードディフューザー 作り方 DIY

香りの強さは差し込むスティックの本数で調整できます。

市販のリードスティックの代わりに竹串を使う場合は、先端をはさみでカットしておきましょう。見栄えがよくなります。

[4]完成♪ リボンやラベルなどお好みで飾り付けをしても◎

リードディフューザー 作り方

自作リードディフューザーを長持ちさせるコツ

できるだけ口の狭いガラス瓶を使う

無水エタノールは揮発性が高いので、空気との接触面が多いと蒸発が早くなってしまいます。ガラス瓶はできるだけ口の狭いものを使いましょう。最近ではキャップ付きの専用ボトルも販売されています。

保留剤としてグリセリンをプラス

化粧品の原料などに使われるグリセリン。吸湿性が強く、保留性に優れていることから、ディフューザー液の揮発を抑えて長持ちさせる効果が期待できます。薬局やネット通販で入手可能。

加える量は全体量の10%を目安に。50mlなら小さじ1程度加えましょう。

異なるノートの香りを組み合わせる

アロマオイル(精油)はそれぞれ空気中に揮発する速度(ノート)が違います。異なるノートの精油をバランスよく組み合わせると、香りが長持ちし、徐々に変化していく香りを楽しむことができます。

<例>
オレンジ・スイート(トップ) + ラベンダー(ミドル) + パチュリ(ベース)

<トップノート>
最も揮発が速い香りで、最初の印象を決める。

柑橘系、ティーツリー、ペパーミント、ローズマリー、ユーカリ、レモングラス など

<ミドルノート>
揮発速度が中程度で、ブレンドの中心となる香り。

イランイラン、カモミール、クラリセージ、ゼラニウム、ジャスミン、ネロリ、フランキンセンス、ラベンダー など

<ベースノート>
時間がたつと香り始め、長時間持続。香りを長持ちさせる効果も。

サンダルウッド、シダーウッド、パチュリ、ベチバー など

香りのノートや組み合わせについて詳しく知りたい方は以下の記事をご参考に。
初心者でも挑戦しやすい簡単なブレンドレシピもご紹介しています。

アロマオイルの簡単ブレンド方法とおすすめレシピ

2017.04.18

見た目もおしゃれに♪どんなアイテムで作る?

リードディフューザーはお部屋のインテリアにもなるので、せっかくなら見た目にもこだわりたいもの。ディフューザー作りにおすすめのガラスボトルやリードスティックを集めてみました。

フロストタイプでおしゃれに演出

フロスト加工が施されたおしゃれなガラスボトル。シンプルで使いやすいサイズ感なので、どこに置いても馴染みます。

レトロなアンティーク風ガラスボトル

ノスタルジックなフォルムが新鮮。トレンドの塩系インテリアやブルックリンスタイルにもマッチしますよ。

*サイズのバリエーションが豊富で100cc以上の大きめサイズもありますが、リードディフューザー作りには小さなボトルがおすすめです。

市販の花瓶を活用するのも◎

ガラスの流れる自然なフォルムが素敵。さりげなく空間に彩りを与えてくれそう。カラーバリエーションも豊富です。

清潔感のあるライトブルーのガラスボトル。エレガントなデザインで、インテリアとしても活躍してくれます。

華やかさがほしいときにはフラワースティックを

お花(造花)がついたリードスティック。1本添えるだけでも、印象がぱっと華やかになります。

市販のディフューザー容器を再利用する方法も

リードディフューザーの作り方

こちらは市販のリードディフューザーの空き瓶を利用しています。

もし、自宅にそろそろなくなりそうなリードディフューザーがあれば、その空き瓶を再利用するのもおすすめですよ。必ず洗浄してから使いましょう。

<洗浄の方法>

  1. ディフューザーに残っている液体を、新聞紙などに含ませて袋に入れて捨てる。
  2. 空き瓶に無水エタノールを少量入れ、容器を軽く振るようにして洗浄し、汚れたエタノールを新聞紙などに含ませて捨てる。
  3. (2)を2〜3回繰り返す。

お気に入りの香りでリードディフューザーを自作してみよう♪

リードディフューザーは、

  • 無水エタノール
  • アロマオイル

この2つの材料を混ぜるだけで簡単に作れます。

自分の好きな香りやボトルで、オリジナルのリードディフューザーを作ってみてくださいね。

リードディフューザー 作り方

RECOMMENDおすすめの記事