精油より優しい! フローラルウォーター(ハーブウォーター)とは?

フローラルウォーター(ハーブウォーター)とは

こんにちは!アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

アロマオイル(精油)は100%天然とはいえ、有効成分が高濃度に含まれているため、

お肌に使う場合は刺激が心配・・
注意事項や禁忌があって扱いが難しい・・

という方もいらっしゃると思います。

そんな方でも気軽に楽しむことができるのが「フローラルウォーター」です。

フローラルウォーターってなに?

フローラルウォーターとは、植物を蒸留してアロマオイル(精油)を抽出する際にできる蒸留水のこと。

ハーブウォーター」「ハイドロゾル」「芳香蒸留水」ともいわれます。

フローラルウォーターの成分はほとんどが水ですが、ごく微量の精油成分や植物の水溶性成分が含まれています。

アロマオイルのように、ラベンダーやローズ、ネロリなどいろいろな種類があります。

アロマオイルを水やアルコールで薄めたものや、ハーブティーのようなものはフローラルウォーターではありません。

フローラルウォーターのメリット

お肌にやさしい

フローラルウォーターはアロマオイルのように即効性はありませんが、一般的に刺激が少なくマイルドに作用します。

そのまま使える

フローラルウォーターはアロマオイルのように希釈する必要がないため、そのままお肌につけることができます。

香りがおだやか

フローラルウォーターはアロマオイルに比べると香りが弱くとてもおだやかです。

注意事項や禁忌が少ない

フローラルウォーターに含まれる精油成分はごくわずかなので、アロマオイルのような禁忌がほとんどなく、敏感肌の方はもちろん、小さいお子様、高齢者の方でも安心して使うことができます。

*100%禁忌などがないわけではありません。(参考:フローラルウォーターの禁忌まとめ
*肌につける際にはパッチテストを行うようにしましょう。

ハーブウォーターの使い方

ハーブウォーターはさまざまな使い方ができます。

スキンケアに

化粧水代わりにお肌につけたりスプレーしたりします。
クレイと混ぜてパックとしても使えます。

ヘアケアに

寝癖直しや髪の毛がパサついたときにスプレーします。

消毒に

お手拭きや消毒スプレーの代わりに使うことができます。

リネンウォーターとして

アイロンかけ前のリネンウォーターとして使うことができます。

*繊維によっては適さないものもあるので注意。

ルームスプレーとして

エアフレッシュナーやルームコロンとしてお部屋にスプレーします。

フローラルウォーターの注意点

フローラルウォーターには保存料が含まれていないため、長期保存ができません。
開封後はしっかりとフタをして冷蔵庫で保管し、3か月以内を目安に使いましょう。

おわりに

フローラルウォーターのメリットや使い方についてご紹介しました。

最後に、フローラルウォーターの特徴をもう一度振り返りましょう。

フローラルウォーターとは

  • アロマオイルを抽出する際にできる蒸留水でわずかに精油成分を含む。
  • アロマオイルに比べると刺激が少なく、香りもおだやか。
  • そのまま肌につけることができる。

アロマオイルよりも扱いやすいので、アロマ初心者の方でも簡単に使うことができますよ。

次回は、フローラルウォーターの選び方やおすすめのブランド についてご紹介します。

小田ゆき
フローラルウォーターは一般的に安全性が高く、気軽に使うことができるのが魅力。さっぱりとした使い心地で、おだやかな香りにとても癒されます。

こちらの記事もおすすめです

フローラルウォーターの選び方・おすすめのブランド

2016.05.27

フローラルウォーター(ハーブウォーター)とは

RECOMMENDこちらの記事もどうぞ