アロマテラピーとは?5分でわかるアロマ入門

アロマ

アロマテラピーという言葉は一度は耳にしたことはあるけど、実はよくわからない…という方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、アロマテラピーとはどういうものなのかをお話ししていきますね。

アロマテラピーとは

アロマテラピーとは、植物から抽出した香りの成分である「精油(エッセンシャルオイル)」を使って心と体をケアしていくことを目的とした自然療法です。

精油の香りを拡散させて香りを楽しむ芳香浴をはじめ、オイルトリートメントやスキンケアなど、いろいろなかたちで生活に取り入れることができます。

アロマテラピーの発祥の地であるフランスをはじめ、ヨーロッパの一部では代替療法の一環としてアロマテラピーを医療現場や治療にも取り入れている国も。
日本でも産婦人科や心療内科、緩和ケアなどでアロマテラピーを活用する医療機関も出てきています。

精油とは

精油はエッセンシャルオイルともよばれ、植物の花や葉、果皮、樹脂などから抽出した天然の素材です。

1本の精油には、数十から数百種類もの天然の化学物質が含まれていて、そのそれぞれが異なる働きをもち、その違いが香りや作用の違いを生み出しています。

ラベンダーの精油に含まれる『酢酸リナリル』という成分は、セロトニンの分泌を促す働きがあるといわれています。セロトニンは幸せホルモンともいわれ、精神状態を安定化させる効果があります。ラベンダーの香りでリラックスできるのはこのようなことからです。

精油は香りの成分が高濃度に凝縮されているので、天然だからといって100%安全なわけではないということも覚えておきましょう。
皮膚への刺激を与えるものや、妊娠中や出産後、病気のときには使用を控えたほうが良い精油もあります。使い方や選び方の注意点を守って使用しましょう。

精油を使う上での注意点は「これだけは知っておきたい!アロマオイルの正しい使い方と注意点」の記事でご紹介しています。

essential-oils-160312

アロマテラピーのしくみ

香りの成分はおもに脳や皮膚を通じて、私たちの心やからだに働きかけます。

嗅覚から脳へ

香りの成分は嗅覚を通じて脳に届きます。
脳の中には自律神経やホルモン、免疫系をコントロールしている重要な中枢があり、ここに香りの成分が働きかけることで、心身に影響を与えます。

香りの刺激が脳に届くまでの時間はなんと0.2秒以下。痛みが伝わるまでの時間が0.9秒程度といわれているので、いかに速いかがわかります。香りを嗅ぐだけで一瞬にして気分転換ができるのも納得ですね。

皮膚から血液へ

精油に含まれる香りの成分は、オイルトリートメントやスキンケアなどで肌に用いた場合は、皮膚に吸収されて、毛細血管やリンパ管に入って全身を循環します。

草原に横たわる女性

好きな香りを選ぼう

アロマテラピーによる効果を得るためには、好きな香りを使うことがとても大切です。

一般的によいといわれているものでも、苦手な香りでは逆にストレスになってしまいます。

香りを嗅いでみて直感的に「いいな」と感じた香りを選ぶようにしましょう。
「いい香り」と思った香りこそが、今の自分が求めている香りです。

そのときの気分や体調によって好みも変わってくるのがアロマテラピーの面白いところ。苦手だった香りが、ある日突然好きになるということも珍しくありません。私の場合は、ゼラニウムやプチグレン、パルマローザがそうで、普段はちょっと苦手なのですが、不思議と「いい香り」と感じるときがあります。心地よく感じる香りは、からだが本能的に求めている香りなのでしょうね。

おわりに

植物が持つ香りの力で、心やカラダを整えるアロマテラピー。

まずは好きな香りをお部屋にたいて、癒しの時間を楽しむことから始めてみませんか?

こちらの記事もおすすめです

アロマオイルの簡単な使い方3選。アロマ初心者さんにおすすめ

2016.02.12

これだけは知っておきたい!アロマオイルの正しい使い方と注意点

2016.02.12

正しいエッセンシャルオイルの選び方<前編>

2016.02.12

アロマ

RECOMMENDこちらの記事もどうぞ