アロマオイルをお肌につける方法

ハンドトリートメント

アロマオイル(精油)は100%天然の自然素材ですが、有効成分が高濃度に凝縮されているので、お肌に直接つけることができません

そこで今回は、アロマオイルをお肌につける方法をわかりやすく解説します。

アロマオイルを美容にうまく取り入れて、素肌美人を目指しましょう♪

アロマオイルは必ず薄めて使う

アロマオイルをお肌につける場合は、植物オイル(キャリアオイルとも呼ばれます)で薄め、よく混ぜてから使います

キャリアオイルを使うことで、アロマオイルの濃縮された香りや成分をお肌におだやかに浸透させることができるだけでなく、キャリアオイルに含まれる豊富な美容成分により美肌効果も期待できます。

キャリアオイル

薄める濃度は最大2%以下に

アロマオイルは少量でも効果を発揮します。

濃度が高ければ良いというわけではなく、むしろ肌トラブルの元になってしまう場合もあるので、個人で使う場合には、一般的に安全な希釈率といわれている0.5%〜2%程度に薄めて使うようにしましょう。

アロマオイルの薄め方

<1%濃度の場合>
キャリアオイル小さじ1杯(約5ml)に対し、アロマオイル1滴(約0.05ml)を垂らし、よく混ぜてから使います。

おすすめの希釈濃度(一般の大人の場合)

顔用

0.1%〜0.5%

ボディ用(全身)

1%〜2%

敏感肌の人

0.5%以下

植物オイルの量 5ml 10ml 30ml 50ml
0.1%濃度 0.1滴 0.2滴 0.6滴 1滴
0.5%濃度 0.5滴 1滴 3滴 5滴
1%濃度 1滴 2滴 6滴 10滴
1.5%濃度 1.5滴 3滴 9滴 15滴
2%濃度 2滴 4滴 12滴 20滴

*アロマオイル1滴は約0.05mlです。(メーカーによって異なるのでラベルなどを確認してください)
*0.5%以下の濃度にする場合は、植物オイルの量を多めにすると作りやすいです。

アロマオイル

おすすめのキャリアオイル(植物オイル)

キャリアオイルは植物の果実や種子を圧搾して得られる栄養分たっぷりのオイルで、ビタミンやミネラル、必須脂肪酸などを豊富に含んでいます。

自然のままの植物オイルは私たちの皮膚の脂肪構造と似ているため、皮膚にとてもよく吸収され、効率的に栄養をあたえてくれます。

ここでは代表的なキャリアオイルを4つご紹介します。

含まれる成分によって効果や使用感が異なりますので、お肌の状態やお好みの感触に合わせて選んでみてくださいね。

スイートアーモンドオイル


アロママッサージに最もよく使用される定番オイルです。

なめらかな使い心地ですべりが良いのが特徴。オレイン酸やビタミンなどの美容成分を豊富に含み、作用もおだやかなので敏感肌の人でも安心して使えます。

ホホバオイルやマカデミアナッツオイルと比べると酸化しやすいですが、植物オイルの中でも手ごろな価格なので、日常的なボディケアにぴったりです。

無印良品 スウィートアーモンドオイルの詳細はこちら

ホホバオイル


ホホバの実から採取したオイル(厳密には液体ワックス)で、肌の柔軟性を保ってくれます。

べたつかず、しっとりするので、さらっとした感触がお好みの方におすすめです。
精製されたものと、未精製のものがあります。未精製のものはオイルの色が黄金色なので、ゴールデンホホバとも呼ばれます。

酸化しにくく、香りもほとんどないので、フェイスケアに最適のオイルです。すべての肌タイプに使えます。

植物オイルをどれかひとつ選ぶなら、私は万能のホホバオイルをおすすめします♪

無印良品 ホホバオイルの詳細はこちら

マカデミアナッツオイル


私たちの皮脂に含まれ、加齢とともに減少するパルミトレイン酸を含んでいるので、エイジングケアでも人気の高いオイルです。

お肌への刺激が少なく、なじみやすいので、さらっとした感触がお好みの方におすすめです。

酸化しにくいのも◎

生活の木 有機マカデミアナッツオイルの詳細はこちら

アルガンオイル


「自然の最高の老化予防薬」ともいわれるオイルで、皮膚トラブルをすばやく回復、再生してくれます。

オレイン酸やリノール酸、ステロールなど美容成分が豊富で、キメの整ったうるおいあるハリ肌へ導いてくれます。

希少価値の高いオイルなので、フェイシャル用のスペシャルケアにおすすめです。

無印良品 アルガンオイルの詳細はこちら

肌質別おすすめのアロマオイル

自分の好きな香りやお肌に合うものを選んでみてください。
エッセンシャルオイルはブレンドするとより効果的です。

普通肌に

ラベンダー、ゼラニウム、ローズオットー、ローズウッド、パルマローザ

乾燥肌に

ラベンダー、ゼラニウム、フランキンセンス、カモミール・ローマン、サンダルウッド、ネロリ

オイリー肌に

イランイラン、ローズマリー・ベルベノン

敏感肌に

ラベンダー、ローズオットー、ローズウッド、カモミール・ローマン

注意点

敏感肌の方は必ず事前にパッチテストをしてから使うようにしましょう。

アロマオイル(精油)はご自身の体質やそのときの状態などにより、合うアロマオイルと合わないアロマオイルがあります。特にアレルギー体質や妊娠中、病中・病後の方は控えたほうが良いアロマオイルもありますので注意してください。

また、アロマオイルの中には、肌についた状態で紫外線に当たると、シミの原因になることがある「光毒性」という作用を持つものがあります。
光毒性のあるアロマオイルを使う場合は、使用後5〜6時間は日光(紫外線)を避けましょう。

一般的なアロマオイルの中で特に注意が必要なのが、ベルガモット、レモン、グレープフルーツ、アンジェリカ・ルートの4種類です。これらは夜に使うのがオススメです。

おわりに

いかがでしたか?

希釈方法の一番簡単な覚え方は、
植物オイル小さじ1杯に対し、アロマオイル1滴で1%濃度です。

アロマオイルには肌荒れや乾燥、シミ、シワを防いでくれる成分を含むものがたくさんありますので、毎日のスキンケアや、ここぞというときのスペシャルケアに上手にアロマオイルを取り入れてみてくださいね。

ハンドトリートメント

RECOMMENDこちらの記事もどうぞ