エッセンシャルオイルは「油」ではない?知っておきたい基礎知識

エッセンシャルオイルとは

こんにちは!アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

アロマテラピーで使うエッセンシャルオイル。「オイル」という名前から、なんとなくオリーブオイルやホホバオイルなどと同じ油だというイメージを持っていませんか?

でも、実は違うんです。

そこで今回は、エッセンシャルオイルの正体についてお話していきますね。

エッセンシャルオイルは油ではない

エッセンシャルオイル(精油)は「オイル」という名前がついていますが、いわゆる「油」ではありません

オリーブオイルやホホバオイルのような油(油脂)とはまったく異なる物質からできています。

では、いったいどんなものからできているんでしょうか?

天然の香りのエッセンスが凝縮されたもの

エッセンシャルオイルは、花や植物などから抽出した 香りの成分 が集まってできています。( 芳香成分 といわれます。)

1本のエッセンシャルオイルには、数十から数百種類の天然の化学物質が含まれていて、含まれる成分の種類や含有量によって、香りや効果の違いが生み出されています。

エッセンシャルオイルの主な特徴

エッセンシャルオイルが香りの成分の集合体、ということが理解できたところで、次にエッセンシャルオイルの特徴を見ていきましょう。

知っておきたいポイントは以下の4つです。

1. 芳香性

エッセンシャルオイルはとても強い香りを持っています。これを 芳香性 といいます。

2. 揮発性

エッセンシャルオイルはすぐに空気中に蒸発する 揮発性 のある成分でできています。

3. 親油性(脂溶性)

エッセンシャルオイルは、原則として水には溶けにくく、油やアルコールにはよく溶けるという性質があります。これを 親油性(しんゆせい) あるいは 脂溶性(しようせい) といいます。

4. 薬理作用

エッセンシャルオイルには、様々な薬理作用があり、私たちの心や体に影響を与えます。

天然素材=100%安全ではない

エッセンシャルオイルは、天然の成分だからお肌にもやさしそう と思いがちですが、そうではありません。

芳香成分がかなりの高濃度で凝縮されているので、人によってはお肌に刺激になったりすることもあります。

精油は、植物から抽出した天然の物質だからといって100%安全だというわけではありません。植物に含まれるときよりも成分は70〜100倍ほど濃縮され、その作用はとてもパワフルなものです。体調や体質、また使い方によっては皮膚炎やかゆみ、刺激を感じる原因にもなります。

出典:アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

エッセンシャルオイルを原液でお肌につけない、飲まない、赤ちゃんには使わないなど、基本的なルールを守って使うようにしましょう。

おわりに

さて、今回はエッセンシャルオイルの特徴についてお話しました。

エッセンシャルオイルはいわゆる油ではなく、揮発性をもつ香りの成分がたくさん集まってできたもの。

高濃度に凝縮されていますので、そのまま原液をお肌に使うことのないように気をつけましょう。

小田ゆき
エッセンシャルオイルはアルコールに近いイメージですね。そう考えれば、原液をお肌に塗ったら悪そうな気もしてくるのではないでしょうか?
基本的な使い方をマスターして、アロマを楽しんでいきましょう♪

■参考:
エッセンシャルオイルの使い方については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

必ず知っておきたい!精油の使い方と大切な注意点

2016.02.12

こちらの記事もおすすめです

アロマテラピーとは?その効果は?5分でわかるアロマ入門

2019.11.02

その使い方はアロマオイルの劣化を早めてしまっているかも?品質を保つためのコツをご紹介!

2016.04.17

アロマテラピーの基本!芳香浴12の楽しみ方

2016.04.02

エッセンシャルオイルとは



YouTubeはじめました!

毎日の暮らしにアロマを手軽に取り入れる方法や楽しみ方など、動画でも配信しています。毎週木曜日に更新予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします☺️




RECOMMENDおすすめの記事