ハーブの有効成分がたっぷり。チンキの作り方とおすすめの使い方

こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

ハーブはハーブティーだけでなく、ハーバルバスや手作りコスメ、クラフトなど幅広く利用できますが、今回はハーブの活用法のなかでも、最も有効成分を活かすことができる「ハーブチンキ(ハーブティンクチャー)」についてご紹介します。

目次

そもそも、チンキ(ティンクチャー)ってなに?

チンキとは、ハーブをアルコールにつけて有効成分を抽出したエキスのこと。

チンキ剤のほか、ティンクチャー(tincture)とも呼ばれています。

そんなチンキの一番の特徴は、ハーブの水溶性成分と脂溶性成分の両方を取り出せること。

ハーブティーの場合は、ハーブをお湯に浸したものなので、水に溶ける「水溶性成分」だけしか得られませんが、チンキ作りに用いるアルコールには、水に溶ける「水溶性成分」も、水に溶けにくい「脂溶性成分」も溶け出すため、チンキではハーブティーよりも多彩な成分を取り出すことができるんです。

さらに、アルコールを使うので長期保存(約1年)ができるのも、チンキならではの魅力です。

小田ゆき
チンキという言葉は日本では馴染みのない方がほとんどかもしれません。
私もハーバルセラピストの資格を取るためにスクールに通っていたときに初めて知ったのですが、フランスやイギリスでは薬局などでハーブチンキを手にいれることができ、昔から家庭の万能薬として身近な存在だそう♪

チンキはどうやって作るの?きほんの材料、作り方をご紹介

そんなハーブの恵みを効率よくいただけるチンキですが、作り方もとってもシンプルです!

材料は、ハーブとアルコールのたった2つ。

それでは、詳しいレシピをご紹介します^^

チンキづくりに必要なもの

●お好みのハーブ

ハーブと言ってもその品質はさまざま。チンキは主に飲用に使いますので、良質な食用のハーブを選びましょう。
生活の木」や「エンハーブ」などの専門店では少量から購入できます。

●ウォッカ

チンキは使うアルコールの度数によって、抽出される成分や割合が異なりますが、初心者の方は「ウォッカ」がおすすめです。
無味無臭のノンフレーバーで、アルコール度数が40度前後のものを選びましょう。また、ウォッカの代用としてホワイトリカー(35度)もチンキ作りに使用できます。

●その他、用具類

・つけ込み用のガラス容器 1つ
広口で蓋付きのものを。煮沸消毒した清潔なものを用意しましょう。
・保存用の遮光ガラス容器 1つ
スポイト付きの遮光瓶が使いやすくて便利。
・茶こし 1つ
漬け込んだハーブを濾す際に使います。コーヒーフィルター等でもOKです。

さっそくチンキを作ってみよう!

基本のレシピ

  • お好みのドライハーブ … 10g
  • ウォッカ … 100ml

*ハーブ1:ウォッカ10の配合

作り方

[1] 熱湯消毒したガラス容器にドライハーブを入れて、ハーブが完全につかるようにウォッカを注ぐ。(*ハーブ10gならウォッカ100ml)

[2] 容器の蓋をしめて、冷暗所に2週間置く。
*その間、成分が抽出されやすいよう、1日1回容器を振って、ハーブとアルコールをなじませるようにする。

[3] 2週間たったら茶こし、もしくはコーヒーフィルターを使ってハーブをこして、保存用容器に移したら完成。
*保存期間は冷暗所で約1年

▽つけ込んだ直後からほんのりとハーブの色素が。

チンキの作り方と使い方

▽翌日になると濃い色に変化。どんどんハーブの成分がアルコールに溶け出しています。

チンキの作り方と使い方

▽このようなスポイト瓶に保存すると、使いやすいですよ♪ Amazonなどで入手できます。

暮らしに役立つ!チンキの使い方

チンキは内用、外用両方に使え、暮らしのさまざまなシーンで活用できるのが魅力です。
お気に入りの使い方を見つけてみましょう♪

飲み物に加える

チンキのもっともポピュラーな使い方は「飲用」です。チンキを1〜2ml(10〜20滴)を、100mlの水やお湯に薄めて飲みます。
アルコールを使っているため体内への吸収が早く、体を温める働きもあります。

※チンキにはアルコールを含むため、子供、妊娠中の方、アルコールに弱い方は、熱湯でアルコール分を飛ばしてから飲みましょう。
(カップにいれた熱湯にチンキを加え、そのまま湯気が出なくなるまで置くと、おおよそのアルコール分は飛んでいます)

うがいに

抗菌力の強いハーブ(タイムやセージなど)で作ったチンキは、うがいに用いるのもおすすめです。
水にチンキを数滴垂らしてうがいを行うと、喉がすっきり。口臭予防にも役立ちます。

入浴剤としてお風呂で楽しむ

お風呂にチンキを入れると、手軽に薬草風呂を楽しむことができます。
湯船ににチンキを適量(大さじ2程度)入れて、よくかき混ぜてから入浴します。

心地よい香りが漂い、心も体もほぐれます。 肌当たりが柔らかくなって、肌もスベスベに。

手作りローションに

チンキを精製水で約10倍に薄めると、スキンケアやボディケアに使えます。
お好みでグリセリンなどの保湿成分を加えれば、美容効果もさらにアップ。

<チンキの化粧水の作り方>

  1. 清潔なスプレー容器にチンキ5ml(肌の弱い方はチンキの割合を減らす)、精製水50ml加える。
    お好みで保湿剤(グリセリンなど、全体量の1~5%)を加えても◎
  2. ふたをしめてよく混ざったら完成。冷蔵庫で保管し、1週間を目安に使い切る。

チンキづくりにおすすめのハーブ

チンキはどのようなハーブでも使えます。お悩みに合わせて選んでみましょう。1種類だけでなく、数種類をブレンドしてもOKです(例:女性のお悩みに、ジャーマンカモミール&ローズ)。

・ジャーマンカモミール
冷え性や生理痛など婦人科系の症状に用いられるハーブ。心身をリラックスする効果もすぐれています。

・エキナセア
免疫力を高めるハーブとしてよく知られているほか、ウイルスへの効果もあるとされているので、風邪やインフルエンザの予防に効果的。内服がおすすめです。
※自己免疫疾患などの進行性疾患の人、キク科アレルギーの人は禁忌。

・タイム
強力な抗菌パワーをもつハーブ。風邪予防や喉の痛みに。ハーブティーに加えたり、うがいに利用してみましょう。

・ローズ
収れん作用があり、ローズの優雅な香りとともに体の内側から美しさをサポートしてくれます。飲用や入浴剤、ローションに活用するのが◎

・ローズマリー
強い抗酸化作用があり、古くから若返りのハーブとして人気。飲用にも外用にも、万能に使えます。

チンキの作り方と使い方

おわりに

さて、今回はハーブの有効成分がたっぷり詰まった「ハーブチンキ」についてご紹介しました。

チンキはハーブの水溶性成分、脂溶性成分両方を取り入れることができ、いつものお茶に数滴入れたり、うがいに使ったり、薄めて化粧水に使うなどあらゆることに活用できます。

簡単に作ることができるうえ、約1年と長期保存できるので、家庭に常備してみてはいかがでしょうか♪

小田ゆき
チンキはアレンジも自由自在。まずは基本をマスターして、目的や効果にあわせて自分だけのオリジナルチンキを作ってみてくださいね。
SHARE

オンラインで
アロマやハーブを学んでみませんか?

小田ゆき主宰。アロマやハーブ、薬膳を学べるオンラインスクール「Éclat Holistic School(エクラ ホリスティックスクール)」。

古来からある植物や自然の知恵を身につけ、豊かな暮らしに役立てていきませんか?

この記事を書いた人

アロマとハーブのスペシャリスト。「植物の力で、心とからだを美しくすこやかに」という想いのもと、日々の暮らしに役立つフィトテラピーの知識やアイデアを発信しています。

目次
閉じる