精油の香りで女性ホルモン分泌量がアップ。長崎大学大学院との共同研究で確認

精油の吸入により女性ホルモンの分泌量が上昇したことが実証実験で確かめられた。

公益社団法人 日本アロマ環境協会(略称:AEAJ)と長崎大学大学院 医歯薬学総合研究科 神経機能学の篠原一之教授と共同研究で、40代の女性15人を対象に10種類の精油で実験を実施。

その結果、ゼラニウム精油とローズオットー精油を吸入した後は、それらの吸入前に比べて女性ホルモンのひとつであるエストロゲン濃度が有意に上昇したという。

【実験概要】
■対象
40歳代の女性15名(月経周期21日~37日)

■精油
10種類(イランイラン、オレンジ・スイート、カモミール・ローマン、クラリセージ、ジャスミン、ゼラニウム、ネロリ、フランキンセンス、ラベンダー、ローズオットー)

■測定方法
希釈した精油と空気または溶剤のみと空気を混合した気体を、それぞれ20分間吸入し、吸入の前後で唾液を採取

■評価項目
唾液中の女性ホルモン(エストロゲン)濃度

【実験結果】
吸入前後のエストロゲン濃度を比較した結果、10種類の精油のうち、ゼラニウム精油とローズオットー精油のエストロゲン濃度が有意に上昇。

AEAJプレスリリース
http://www.aromakankyo.or.jp/pdf/news/417/web_%20estrogen_final.pdf

RECOMMENDおすすめの記事