特別感がアップ!ふんわり香るクリスマスカードで想いを伝えよう

クリスマスカード 香り付け アロマ

こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

1年の締めくくりに、大切な家族や友達、お世話になった方へ感謝の気持ちを伝えるクリスマスカード。

今年はひと手間加えて、香り付きのクリスマスカードを贈ってみませんか?

想いをつづった手書きのメッセージに素敵な香りを添えれば、より一層気持ちも伝わりますよ。

クリスマスカードへの香りの付け方はとっても簡単!

カードの香り付けに、今回はアロマオイル(精油)を使います。

カードに直接精油を染み込ませると、シミになってしまったり、香りが強くなりすぎてしまうことがあるので、精油を含ませたコットンで香りをうつします

必要なもの

・クリスマスカード
・アロマオイル(精油)
・コットン(もしくはティッシュ)
・ビニール袋(ジップロックなど)

香りの付け方

コットンに精油を2〜3滴垂らし、カードと一緒にビニール袋に入れます。そのまま1〜2日程度おき、カードに香りをうつします。

※カードに精油がつかないように注意。

クリスマスカード 香り付け アロマ

すぐに香りを付けたい場合にはスプレーが◎

時間がない場合には、アロマスプレーが役に立ちます。

カードから15cmほど離し、適量(1〜2プッシュほど)をスプレーすれば、ほんのり香るカードに変身。

メッセージを書く前にスプレーしましょう。書いた後にスプレーすると、文字がにじんでしまう可能性があります。

香り付け用アロマスプレーの作り方

スプレー容器に無水エタノール15mlを入れ、精油を25滴加え軽く混ぜます。さらに水を15ml入れてよく振ってませれば完成。
使う前には容器を振ってよく混ぜてから使います。

柑橘系など色のついた精油を多く使うと、スプレーした部分がシミになることがあるので、メモ用紙や不要になったDMハガキなどで試してから使うと安心です。

※上記のレシピはフレグランス専用です。エタノール、精油ともに濃度が高め(精油濃度 約4%)になっていますので、肌には使用しないでください。また、アルコールや精油には引火性があるため、使用の際には火気に注意を。

クリスマスにぴったりな香りは?

クリスマスカードの香りづけには、クリスマスの香りとして親しまれているオレンジ・スイートやシナモン、フランキンセンスをはじめ、バニラのような甘さのあるベンゾイン温かみのあるフローラルトーンのゼラニウムやイランイランなどがおすすめです。

香りで特別感をプラス!クリスマスに楽しみたいアロマ5選

2016.12.01

香りには好みがあるので、贈る相手への配慮も忘れずに。相手の好みがわからない場合は、万人受けする柑橘系の香りを選んでみましょう。

ただし、柑橘系の香りは短時間で消えやすいので、ミドルノートやベースノートといわれる香りの持続性が高い精油を加えると、より長く香りを楽しむことができます

ミドルノート:カモミールローマン、ゼラニウム、プチグレン、ラベンダー、フランキンセンス など
ベースノート:パチュリ、サンダルウッド、シダーウッド、ベンゾイン など

おすすめ香りブレンドレシピ

クリスマス気分を高めくれる温かみのある香り
オレンジ・スイート2滴+シナモンリーフ1滴

幸せを感じさせる甘い香り
イランイラン1滴+オレンジ・スイート1滴+ベンゾイン1滴

心安らぐフローラルな香り
ゼラニウム1滴+ラベンダー1滴

クリスマスカード 香り付け アロマ

ふんわり香るクリスマスカードで想いを届けよう

お店で購入したクリスマスカードに香りを添えるだけで特別感がアップ。

香り付けはとても簡単にできるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

小田ゆき
カードを手に取った瞬間、ふんわり心地よい香りが漂って、受け取った相手もきっと喜んでくれるはずですよ♪

今回使用したクリスマスカードはこちら。素敵なリースのポップアップデザインに一目惚れ。フランフランで購入しました。

クリスマスカード 香り付け アロマ

RECOMMENDおすすめの記事