自然素材で手作り。髪に優しいヘアオイルの作り方&おすすめ活用術

ヘアオイルの作り方

こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

自然素材を使って、髪や地肌に優しいヘアオイルを手作りしてみませんか?

お悩み別にアロマオイルと植物油を選んで、混ぜるだけ。

自然の恵みたっぷりのヘアオイルは髪に馴染みやすく、しっとりつややかな仕上がりに。ふわりと心地よい香りに包まれて、リラックス効果も期待できますよ。

ヘアオイル作りに必要なものは?

ヘアオイルの作り方・材料

ヘアオイルを作るために必要な材料は、

  • アロマオイル(精油)
  • 植物油
  • 保存容器

のたった3つ。

いずれもアロマテラピー専門店や、Amazon、楽天などのネット通販で購入できます。

ヘアケアに役立つアロマオイルや植物油の中から、自分の髪の悩みに合わせてお好みのものをチョイスしてみましょう。

髪・ヘアケアに良いおすすめのアロマオイル

アロマオイルは100%天然・純粋な精油(エッセンシャルオイル)を使います。

ダメージヘア

イランイランゼラニウム、パルマローザ、ホーウッド

抜け毛予防・育毛

ローズマリー、ユズ、アトラスシダー(シダーウッド・アトラス)、ヒノキ

フケ・かゆみ

ティーツリーゼラニウム、アトラスシダー(シダーウッド・アトラス)

べたつく頭皮に

サイプレス、ゼラニウム、マンダリン、クラリセージ

ヘアケアにおすすめの植物油

ヘアケアに良い植物油(キャリアオイル)はたくさんありますが、ここでは初心者の方でも使いやすいオイルをご紹介します。

ホホバオイル

古くからネイティブアメリカンが肌や髪を守るために愛用していたホホバオイル。
さらっとした軽い使い心地で、肌への浸透性がよく、保湿力が高いのが特徴。すべての肌質に合う上、酸化しにくいため、初心者でも使いやすいオイルです。
紫外線や乾燥、ドライヤーの熱によるダメージから髪を守り、つやのある髪へと導いてくれます。

サンフラワーオイル

ヒマワリの種子から採れる植物オイル。
ヘアオイルとして有名なつばき油にも含まれるオレイン酸という成分を豊富に含み、高い保湿力となじみやすい軽やかなテクスチャーが特徴。
ほぼ無臭&酸化しにくいため使いやすく、安価な点も魅力です。

※サンフラワーオイルは、高オレイン酸タイプ(オレイン酸を多く含むもの)と高リノール酸タイプ(リノール酸を多く含むもの)の2種類がありますが、髪のお手入れには「高オレイン酸タイプ」がおすすめです。

アルガンオイル

オレイン酸やリノール酸、ビタミンEなどの美容成分を豊富に含む希少なオイル。
高い保湿作用や抗酸化作用があり、肌や髪の万能オイルとも呼ばれています。
ナッツのような独特の香りがありますが、アロマオイルを加えることで香りの質が向上します。
髪のパサつきや、ハリ・コシがなくなるなど、加齢による髪悩みに特におすすめです。

オリジナルのヘアオイルを作ってみよう

基本のレシピ(30ml容器分)

  • お好みの植物油 30ml
  • お好みの精油 6滴 *敏感肌の方は半分以下に(1〜3滴)
  • 保存容器 *遮光タイプのものを。スポイト付きの遮光瓶(Amazon)が使いやすくておすすめ。

作り方

[1] 保存容器に植物油を30ml入れる。

[2] アロマオイル(精油)を6滴加える。

[3] 容器のふたをしめ、よく振って混ざったら完成。

ヘアオイルの使い方・おすすめの活用法

ヘアオイルの作り方

手作りしたヘアオイルは、日常の髪のお手入れからスペシャルケアまでマルチに活躍!さっそくお好みの用途で使ってみましょう。

洗い流さないトリートメントとして

ヘアオイルを適量手にとり、タオルドライ後の髪の毛先から髪全体になじませます。オイルをつけすぎるとベタつくので、使用量はミディアムヘアで3〜4滴を目安に、髪の量や長さにあわせて調節を。

*オイルは手のひらで温めると浸透力がさらにアップ。

毎朝のスタイリングに

朝のスタイリングの仕上げに、ヘアオイルを1、2滴手にとり、毛先から中間にかけてうすくなじませます。ナチュラルなツヤ感が出て、紫外線対策にも◎

オイルパック

髪のパサつきやダメージが気になるときには、週に1回程度オイルパックをするとさらに効果的。傷んだ髪もしっとり、まとまりやすくなります。

◆オイルパックの方法
シャンプー前の乾いた髪に、全体がしっとりするまでヘアオイルをなじませ、電子レンジで温めた蒸しタオルで約10分ほど覆います。その後、ぬるま湯でよくすすぎ、シャンプーで洗い流します。

頭皮マッサージ

美しい髪は頭皮から。オイルを使った頭皮マッサージはとても簡単です。頭皮の血行がよくなり、白髪や薄毛、抜け毛予防など育毛ケアに役立ちます。毛穴に詰まった汚れのクレンジングにもなるため、頭皮のニオイやベタつきにお悩みの方にもおすすめです。

◆頭皮マッサージの方法

  1. 指先にヘアオイルをとり、シャンプー前の乾いた頭皮になじませます。使用量の目安は大さじ1(15ml)程度。
  2. 指の腹で細かい円を描くようにやさしくマッサージします。3〜5分程度でOK。
  3. そのまま5分ほど置いてから、ぬるま湯でよくすすぎ、シャンプーでしっかり洗い流します。洗い上がりが気になる方は2度洗いしてください。

手作りヘアオイルの注意点

  • ヘアオイルは使う前によく振って混ぜてから使用してください。
  • 防腐剤や保存料が入っていないので、冷暗所で保管し、1か月を目安に使い切るようにしてください。
  • 肌の弱い人は必ずパッチテストをしてから使いましょう。
  • 肌に合わない場合は使用を中止してください。

初めてクラフトづくりに挑戦する方は、以下記事もご覧ください。容器の消毒の方法をはじめ、アロマクラフトを安全に楽しむためのルールや注意点をご紹介しています。

アロマクラフト・手作りコスメの基本。始める前に知っておきたい注意点

2017.05.12

おわりに

アロマオイルと植物油を混ぜるだけで簡単に作れるヘアオイル。

使い続けるうちに髪本来の美しさがよみがえり、香りによるリラックス効果も期待できるのが魅力です。

髪の悩みに合わせて、ぜひオリジナルのヘアオイルを作ってみてくださいね。

小田ゆき
手作りしたヘアオイルはボディマッサージにも使えます。ゼラニウムやホーウッドは美容にも良い精油ですので、美髪&美肌づくりにぜひ役立ててみてください♪

ヘアオイルの作り方

RECOMMENDおすすめの記事