ティーツリーの効果・効能とおすすめの使い方

ティーツリー

こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

強力な抗菌力があるティーツリーはアロマテラピーでは欠かせない精油のひとつ。

清涼感のあるスッキリとした香りで、風邪や花粉症対策、ニキビケア、掃除など幅広い用途で使えるのが魅力です。

今回は、ティーツリーの主な効能やおすすめの使い方についてご紹介します。

ティーツリーとは?

ティーツリーはオーストラリア原産のフトモモ科の常緑樹で、ティートリーティートゥリーとも呼ばれます。

細長い形の葉が特徴で、初夏には白やピンク色のふわふわ羽毛のような花を咲かせます。

先住民のアボリジニーはいち早くティーツリーの薬効に気づき、古くから葉を砕いて傷薬として活用していました。

また、第二次世界大戦で戦傷したオーストラリア兵士の抗菌薬として使われたという歴史もあります。

ティーツリーはお茶の木ではありません。イギリス人探検家のキャプテン・クックがお茶代わりに飲んでいたことにちなんで「ティーツリー」と名付けられたといわれていますが、定かではありません。

ティーツリーはどんな香り?

ティーツリーの葉を水蒸気蒸留して得られるのがティーツリーオイル(精油)です。

ティーツリーオイルはスッとした清涼感のある香りとともに、ユーカリに似たグリーン調のやさしい香りを持っています。

いわゆるお花のような“良い匂い”ではなく、少し薬品のような雰囲気もある独特の香りですが、ブレンドに少し足すとフレッシュな印象を与えてくれます。

プラナロム ティートゥリー

ティーツリーの主な効能

ティーツリーは多数の研究で強力な殺菌作用や傷を治す効果が実証されています。(参考:tea tree oil antimicrobial – PubMed – NCBI

風邪・インフルエンザ・花粉症の緩和

ティーツリーの主成分であるテルピネン-4-オールには、優れた抗感染作用免疫力アップの働きがあります。そのため、風邪、インフルエンザの予防や、花粉症の緩和に役立ちます。

呼吸器系の痛みや炎症をやわらげる効果もあるため、鼻づまりや鼻水、喉の痛みにも効果的。ユーカリ・ラディアタとのブレンドはさらに効果を高めます。

ニキビ・水虫・傷のケアに

非常に優れた抗菌、殺菌、抗真菌作用があるため、ニキビや水虫のケアに役立ちます。アメリカのある研究では、ティーツリーオイルは過酸化ベンゾイル(ニキビ治療に用いられる薬)と同等の効果があることが明らかになっています。

抗炎症作用もあるため、切り傷、虫刺され、床ずれのほか、やけどや日焼けの炎症を鎮めるのにも効果的。

強力な殺菌力のわりに、肌への刺激が少ないのも大きな魅力です。

リフレッシュ効果

ティーツリーの清涼感あるシャープな香りは、疲れた心をリフレッシュさせ、頭をすっきり明快にしてくれるので、やる気をアップしたいときにおすすめです。

ティーツリー

おすすめのティーツリーオイル(精油)

ティーツリーは産地による成分の差が大きくなりやすい精油のひとつです。

品質の良いティーツリーの基準は、テルピネン-4-オールの含有量が35%以上、1,8シネオールが5%以下であるとされ、この割合であれば肌にもやさしいとされています。(参考:アロマテラピーの教科書

▽Amazonでも売れ筋のオーストラリア産。リーズナブルなのも◎

▽プラナロムは成分分析表付きで安心。メディカルグレードの精油です。

ティーツリーの活用法

風邪・インフルエンザの予防、花粉症の緩和に

アロマディフューザーを使ってティーツリーの香りを広げます。鼻づまりや喉の痛みには蒸気吸入もおすすめです。マグカップに熱湯を入れ、精油を1〜2滴落として香りを5分程度吸入します。必ず目を閉じて行います。

ニキビ対策に

1日数回、ティーツリーオイル原液を綿棒に1滴つけて、ニキビの部分にやさしく塗ります。予防のためには、化粧水として使うのもおすすめです。(化粧水の作り方はこちら

原液塗布の注意点
精油は濃縮された成分のため、原液のまま肌に使うことはできません。しかし、例外としてティーツリーとラベンダー精油は少量・局所的な使用であれば原液塗布が可能です。ただし、以下のことに注意しましょう。

・アロマテラピーグレードの高品質な精油を使用する。
・長期間の使用は避け、短期間(1週間程度)の使用にとどめる。
・敏感肌の方は皮膚刺激を感じることがあるため、最初は低濃度で様子をみながら使用する。

ニキビ予防&オイリー肌のケアに

洗面器に熱めのお湯を入れて、ティーツリーオイルを2滴落とします。蒸気を逃さないように頭にバスタオルをかぶり、目を閉じて蒸気を顔に当てます。5〜10分ほどを目安に。

水虫に

洗面器に集めのお湯(42度程度)を入れ、ティーツリーオイルを2滴落とし、よく混ぜてから足をつけます。5〜10分ほどを目安に。

カンジダ性膣炎に

お風呂にティーツリーオイル3滴、ゼラニウム・エジプト精油2滴たらして、よく混ぜてから入ります。

フケ防止に

シャンプーをするときに、1回分のシャンプー液にティーツリーオイルを1滴加え、よく混ぜてから使います。ゼラニウムやパルマローザを1滴プラスするのも効果的。

キッチンやリビングの掃除に

殺菌作用を生かしてお掃除にも使えます。

除菌スプレーを作っておけば便利。直接肌にはつけないので、精油は全体の量に対して3%ほどの濃度にします。

スプレー容器に無水エタノール40mlにティーツリーオイルを60滴入れよく混ぜます。さらに精製水(もしくはミネラルウォーター)を60ml加えれば完成。毎回よく振ってからスプレーしましょう。

レモンやペパーミント、グレープフルーツなど抗菌作用のある精油を一緒に混ぜるのもおすすめ。その場合は合計で60滴になるように調整してください。

ティーツリーを使う際の注意点

子供から高齢者まで使用できる安全性の高い精油ですが、パワフルな働きをする精油でもあります。使用量や使用回数に注意しながら安全に使うようにしましょう。

・酸化しやすいので、冷暗所で保管し早めに使い切る。古くなったオイルは皮膚刺激が強くなります。

・肌を刺激することがあるので、敏感肌の人は注意。事前にパッチテストを行うと安心です。

おわりに

優れた抗感染症作用で風邪や花粉症対策に効果を発揮してくれるティーツリー。

ニキビやすり傷など、普段の生活で起こりやすい身近なトラブルにも役立つため、ぜひ家庭に1本常備してみてはいかがでしょうか。

小田ゆき
薬品のような香りが苦手と感じるときは、ラベンダーとブレンドすると香りがマイルドになります♪