蜜蝋で作る簡単ハンドクリームの作り方・基本のレシピ

こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

気温が下がり、乾燥が気になり始める季節。手元の乾燥対策に、ハンドクリームを手作りしてみませんか?

自然素材で作るハンドクリームは、なめらかな使い心地で手肌にやさしいのが魅力。

今回は、蜜蝋(ミツロウ)と植物オイルを使った、基本のハンドクリームの作り方をご紹介します。

目次

手作りにチャレンジ!ハンドクリームを作るのに必要なものは?

ハンドクリームを作るために必要な材料は、

  1. 蜜蝋(ミツロウ)
  2. 植物油
  3. アロマオイル(精油)

の3つです。

順番に詳しくご紹介します。

蜜蝋(ミツロウ)

蜜蝋はミツバチの巣からとれる天然のロウ成分です。穏やかな抗菌・保湿作用があり、クリームを固めるために使います。また、唇を保護し、外部の刺激や乾燥から守るという働きも。初心者の方は、扱いやすいペレット(粒)状のものがおすすめです。安心して使える天然の乳化剤として化粧品の原料としても広く利用されています。

POINT:蜜蝋の精製と未精製の違いとは?

蜜蝋(ミツロウ)は精製されたものと未精製のものが販売されています。それぞれ特性がありますので、目的や好みにあわせて選んでみましょう。

精製ミツロウ(ホワイト)
ミツバチの巣から採取した天然蜜蝋を精製し、不純物や色素、香りを取り除いたもの。
クリームに色をつけたり、精油の香りを活かしたいときに適しています。

未精製ミツロウ(イエロー)
天然蜜蝋から不純物(ゴミ)だけをろ過したもの。
蜜蝋特有の色や香りが残されているため、自然の風合いを活かしたいときに適しています。

植物油(キャリアオイル)

ハンドクリーム作りに欠かせない植物油。キャリアオイルとも呼ばれ、さまざまな種類がありますが、手肌のケアにはホホバオイル、アプリコットカーネルオイル、カレンデュラオイルなど美容に有効な成分を多く含む植物油がおすすめです。

POINT:リップケアにおすすめの植物油

ホホバオイル
酸化しにくく保存性に優れ、クラフト初心者さんにおすすめ。どんな肌質にも使えます。

アプリコットカーネルオイル
アンズ種子のオイル。高い保湿効果があり、肌を柔らかくして、荒れた肌を修復します。

カレンデュラオイル
皮膚や粘膜を保護する働きがあり、手荒れに効果的。ホホバオイルなど他の植物油に1〜3割ほどブレンドするのがおすすめ。
自分で作ることもできますよ。(参考:カレンデュラオイルの作り方

アロマオイル(精油)

心地よい香りに加え、効能も期待できるアロマオイル。正しくは「精油(エッセンシャルオイル)」といい、100%天然で良質なものを使いましょう(おすすめのアロマブランドはこちら

ハンドクリームづくりには、美容に役立つアロマオイル(精油)を使ってみましょう。

光毒性のある精油(ベルガモット、レモン、ライム、グレープフルーツなど)に注意してください。

POINT:ハンドクリームにおすすめの精油

手荒れやかゆみに
ラベンダー、カモミール(ローマンまたはジャーマン)

肌の老化やシワ防止に
フランキンセンスゼラニウム、マンダリン、ネロリ、ローズ

手や指先の冷えに
ローズマリー、ユズ、シダー

作り方のポイント

クリームの硬さは植物油の量で調整できます。
気温によっても仕上がりの硬さが変わってきますので、お好みのテクスチャーや季節に合わせて蜜蝋と植物油の割合を調節してみましょう。

基本の割合

蜜蝋:植物油=1:5(例:蜜蝋5g、植物油25ml)

固めに仕上げたいとき&夏場

蜜蝋:植物油=1:4(例:蜜蝋6g、植物油24ml)

やわらかめに仕上げたいとき

蜜蝋:植物油=1:6(例:蜜蝋4g、植物油24ml)

蜜蝋ハンドクリームの作り方・レシピ

基本のレシピ(約20mlの容器1個分)

<材料>

  • 蜜蝋(ミツロウ)… 2g
  • 植物油 … 10ml
  • アロマオイル(精油) … 1〜3滴 ※入れなくてもOK

<用具>

  • クリーム容器 … 1つ ※今回はこちらのメンタム缶を使いました。
  • 耐熱容器(ミニビーカーなど)
  • 竹串 or ガラス棒
  • 湯煎器具

アロマクラフト・手作りコスメを安全に楽しむための注意事項

作り方

[1]耐熱容器に蜜蝋と植物オイルを入れ、湯せんにかける。
※容器は小さめのココットやジャムの空き瓶(煮沸消毒したもの)でOK。

蜜蝋 アロマハンドクリームの作り方
蜜蝋は約60度で溶け始めます。

[2]蜜蝋が溶けたら湯から取り出し、クリーム容器に移して粗熱をとる。

蜜蝋 アロマハンドクリームの作り方
やけどに注意してください。

[3]表面やふちの部分が下の写真のようにうっすらと白く固まってきたら精油を加え、竹串でよくかき混ぜる。
※クリームベースが熱い状態のまま精油を入れると香りが飛んでしまうので、少し冷ましてから加えます。

蜜蝋 アロマハンドクリームの作り方
蜜蝋 アロマハンドクリームの作り方

[4]容器を机にトントンと打ちつけて、クリームの中に入った空気を抜く。

[5]そのまま置いて冷まし、固まったら完成。

蜜蝋 アロマハンドクリームの作り方

手作りハンドクリームの保存方法について

高温・多湿・直射日光を避けて保存し、1〜2か月程度を目安に使い切りましょう。

注意点

  • 後片付けのとき、耐熱容器に残った蜜蝋クリームは新聞紙や紙などでよく拭き取ってから洗いましょう。そのまま洗い流すと、排水管の中で蜜蝋が固まって、詰まりの原因となります。
  • 蜜蝋を使用しているため、1歳未満の子どもへの使用は避けてください。(ハチミツと異なり、高温処理されるミツロウはボツリヌス菌の心配はないと言われていますが、万が一のリスク回避のため。)

手作りのアロマハンドクリームで、手肌に心地よい潤いを♪

さて、今回は蜜蝋と植物油で作る、基本のハンドクリームのレシピをご紹介しましたが、作り方はマスターできましたでしょうか?

手作りハンドクリームは、好みのテクスチャーや香り、肌悩みに合わせて自由自在にアレンジできるのも大きな魅力。

お気に入りのアロマオイル(精油)で、心も肌も癒されるハンドクリームを作ってみてくださいね。

小田ゆき

使い続けるうちに、手肌がしっとりと柔らかくなるのを実感できますよ♪

ハンドクリームのアレンジレシピもCheck!

シアバター、カレンデュラオイルなど荒れ肌の修復を助けてくれるナチュラル素材を使った高保湿バージョンのレシピです

蜜蝋と植物油の割合を変えることで、リップクリームにも♪

こちらの記事もおすすめです

SHARE

オンラインで
アロマやハーブを学んでみませんか?

小田ゆき主宰。アロマやハーブ、薬膳を学べるオンラインスクール「Éclat Holistic School(エクラ ホリスティックスクール)」。

古来からある植物や自然の知恵を身につけ、豊かな暮らしに役立てていきませんか?

この記事を書いた人

アロマとハーブのスペシャリスト。「植物の力で、心とからだを美しくすこやかに」という想いのもと、日々の暮らしに役立つフィトテラピーの知識やアイデアを発信しています。

目次
閉じる