人気の香りはどれ?初心者さんにおすすめのアロマオイル10選

こんにちは、アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

アロマオイル(精油)はたくさんの種類があって、どれを選んだらいいのか迷ってしまいませんか?

そこで今回は、数あるアロマオイルの中でも特に人気の香りをご紹介します。

これからアロマテラピーを始めてみたいという方はぜひ参考にしてください。

目次

ラベンダー(真正ラベンダー)

ラベンダー

不動の人気を誇るラベンダーはアロマテラピーの代名詞ともいえるアロマオイル。

心落ち着くフローラルな香りには、ストレス、不眠、疲れなど精神的不調への働きはもちろん、炎症を抑えたり、痛みを抑えるなど幅広い効能が期待できることから「万能精油」ともよばれています。

安全性が高く、初心者の方にも使いやすい精油のひとつです。

あわせて読みたい
ラベンダーの効果・効能とおすすめの使い方|アロマオイル辞典 アロマテラピーの代名詞的存在として、不動の人気を誇る「ラベンダー」。リラックスや安眠をはじめ、多くの効果が期待でき、使い方をマスターしておきたい精油のひとつです。

オレンジ・スイート

オレンジ

馴染みのある香りで、子どもから大人まで多くの人に好まれるオレンジ・スイート。

甘くジューシーな香りは、興奮や緊張を和らげて、気持ちを明るく前向きにしてくれます。安眠効果もあり、ぐっすり眠りたい時にもおすすめ。

また、お部屋にオレンジの香りを漂わせると、子どもの計算ミスが減ったという興味深い研究結果も。受験生がいるご家庭にもいいですね。

ベルガモット

ベルガモット

華やかで上品な香りを持つベルガモットは、柑橘系の中でも特に人気の高いアロマオイル。

精神面への作用に優れていて、ストレスによる不安や緊張を鎮め、明るく穏やかな気持ちに導いてくれます。

海外の研究では、抗うつ効果があることも確認されています。

光毒性に注意。

あわせて読みたい
ベルガモットの効果・効能とおすすめの使い方|アロマオイル辞典 透明感ある柑橘系の香りが人気の「ベルガモット」。リラックス効果や気分を高める効果があり、ストレスや不安の解消に強い味方となってくれます。

グレープフルーツ

やや苦みのある爽やかな香りが人気のグレープフルーツ。

リフレッシュ効果があり、気分転換や集中したいときにおすすめです。

血行やリンパの流れを促すことから、むくみや冷えのケアにも効果的。最近では、ダイエット効果があることでも注目されています。

光毒性に注意。

レモン

レモン

みずみずしく爽やかなレモンの香り。

リフレッシュ効果が高く、気分をすっきりさせたいときや、集中力を高めたいシーンに最適です。

抗菌作用があり、お部屋の空気を浄化して、風邪やインフルエンザを予防する効果も期待できます。

光毒性に注意。

ゼラニウム

ゼラニウム

ローズに似たフローラル系の香りで女性に人気のゼラニウム。

女性ホルモンのバランスを整えて、PMSや生理痛、生理不順、更年期障害など女性特有の症状を和らげるといわれています。

脂性肌、乾燥肌どちらにも有用なため、スキンケアにもおすすめのアロマオイルです。

あわせて読みたい
ゼラニウムの効果・効能とおすすめの使い方|アロマオイル辞典 女性に特に人気のあるゼラニウムの香り。心身のバランスを整える働きや、優れた抗菌・抗真菌作用でスキンケアにもおすすめです。

ローズマリー

ローズマリー

古くから薬用として用いられてきたローズマリー。

ハーブ系のクリアですっきりとした香りをもち、頭脳明晰化作用があることでも有名です。

脳に活力を与え、記憶力を高めるといわれていることから、仕事中や勉強中の芳香として特に人気があるアロマオイルです。

また、ローズマリーには血行を促したり痛みを和らげる作用があり、アロママッサージで用いると肩こり筋肉痛を改善するように働きます。

ペパーミント

ペパーミント

馴染みのあるミントの香りもアロマ初心者の方に人気です。

清涼感あふれる香りは、リフレッシュしたいときや眠気を覚ましたいときにぴったり。

体感温度を下げる働きがあり、スプレーを作って夏の暑さ対策に使用するのも◎。

花粉症、風邪、頭痛、吐き気など幅広いトラブルに役立ちますが、香りや刺激が強いので、使用量や使用方法には注意が必要です。

あわせて読みたい
ペパーミントの効果・効能とおすすめの使い方|アロマオイル辞典 数あるアロマオイル(精油)の中でも幅広い効果を有するペパーミント。清涼感あふれるおなじみの香りで、最初に揃えておきたい精油のひとつです。

ティーツリー

ティーツリー

ティーツリーは優れた抗感染作用があり、風邪やインフルエンザが流行る季節に重宝するアロマオイル。花粉症対策にも有効です。

アロマディフューザーで室内芳香として使ったり、アロマスプレーを作って携帯するのもおすすめ。

キッチンや水周りの殺菌にも役に立ちます。

清涼感漂うメディシナルな香り。

あわせて読みたい
ティーツリー精油の効果・効能とおすすめの使い方|アロマオイル辞典 強力な抗菌力があるティーツリーはアロマテラピーでは欠かせない精油のひとつ。清涼感のあるスッキリとした香りで、風邪や花粉症対策など幅広い用途で使えるのが魅力です。

ユーカリ

ユーカリ アロマオイル(精油)

ティーツリーと並んで風邪やインフルエンザ、花粉症の季節に人気が高まるアロマオイル。

鼻が通るようなツーンとしたシャープな香りで、鼻水や鼻づまり、喉の痛みなど呼吸器の不調に役立ちます。

主成分の1,8-シネオールは免疫機能を整えるともいわれています。

ユーカリにはたくさんの種類があり、その代表種がグロブルスとラディアータです。小さな子供に使う場合は、刺激が少なく香りもマイルドなユーカリ・ラディアータがおすすめ。

あわせて読みたい
ユーカリの効能・効果とおすすめの使い方|アロマオイル辞典 爽快なフレッシュ感が持ち味のユーカリのアロマオイル(精油)。強力な殺菌作用があり、風邪や花粉症に効果的なことから近年ますます注目されています!

おわりに

今回はたくさん種類があるアロマオイルの中で、特に人気のある香りをご紹介しました。

香りの好みは個人差が大きいので、アロマオイルの購入が初めてという方はアロマショップで実際に香りを試した上で購入するのがおすすめです。

お悩みや目的に合わせて、ぴったりなアロマオイルを見つけてみてくださいね。

小田ゆき
アロマオイル(精油)を嗅いでみて、心地よいと感じる香りが今のご自身に必要な香りです。お気に入りの1本を見つけてみてくださいね。
SHARE

オンラインで
アロマやハーブを学んでみませんか?

小田ゆき主宰。アロマやハーブ、薬膳を学べるオンラインスクール「Éclat Holistic School(エクラ ホリスティックスクール)」。

古来からある植物や自然の知恵を身につけ、豊かな暮らしに役立てていきませんか?

この記事を書いた人

アロマとハーブのスペシャリスト。「植物の力で、心とからだを美しくすこやかに」という想いのもと、日々の暮らしに役立つフィトテラピーの知識やアイデアを発信しています。

目次
閉じる