冷え性やむくみに効果的。アロマフットバス(足湯)のすすめ

足湯 アロマ

こんにちは!アロマライフデザイナーの小田ゆき(@aroma_lifestyle)です。

足湯には、お風呂と同じくらい身体を温める効果があるってご存知でしたか?

足をお湯につけるだけでも温め効果が得られますが、そこにアロマオイル(精油)をプラスすることで心身への効果をさらに高めることができるんです。

そこで今回は主なお悩み別に、足湯の効果を高めるおすすめのアロマオイル(精油)をご紹介します。

足の冷えやむくみにお悩みの方はぜひ参考にしてください。

足湯にはうれしい効果がたくさん!

心臓からもっとも遠い足は血流が悪くなり、冷えやむくみが起こりやすいところです。

そんな足を集中的に温めるだけで、さまざまなうれしい効果が。

冷え性、むくみの改善

足にはたくさんの血管が通っています。

そのため、足を温めることで血行不良が改善され、身体がポカポカ温まってきます。

お湯に浸かった部分だけでなく、全身の血液循環を促すため、冷え性やむくみにも効果的です。

代謝・免疫力がアップ

足浴で体を温め、平熱が上がることで期待できる効果です。

体温が1度上がると、基礎代謝は13%、免疫力は30%も上がるといわれています。

ダイエットや病気予防にもつながりますね。

筋肉痛や肩こり、腰痛が楽になる

全身の血行が促進されることで、体が温まるだけでなく筋肉のコリも緩和されます。

リラックス・安眠効果

足浴の不眠への効果やリラックス効果は複数の研究でも明らかになっています。

足浴をすることで副交感神経が優位になり、心身ともにリラックスでき、入眠を促す効果があります。

足湯(フットバス)の方法

  1. 大きめの洗面器もしくはバケツに約40〜42度のお湯を両足のくるぶしがつかる程度入れます。
  2. アロマオイルを1〜3滴垂らしてよく混ぜてから両足をお湯につけ、約10〜15分足浴をします。

※アロマオイルはお湯に溶けないため、5ml程度の植物オイルで希釈してから使うのがおすすめです。

<足湯の効果を高めるポイント>

途中でお湯が冷めてきたら差し湯をして、できるだけ温度を一定に保つようにします。
熱めのお湯をケトルなどに入れて近くに置いておくと便利です。

足湯におすすめのアロマオイル

リラックス・ストレス緩和

ラベンダー、ゼラニウムイランイラン、フランキンセンス

安眠

ラベンダー、ベルガモット、マンダリン

※不眠でお悩みの方は、寝る30~60分前に足浴をするのがおすすめです。

冷え性

ローズマリー、オレンジ、レモン、ユズ

だるさ・疲労感

ゼラニウム、レモン、ローズマリー、オウシュウアカマツ

むくみ

サイプレス、ジュニパー、ゼラニウム、グレープフルーツ

筋肉痛

レモングラス、ジュニパー、マジョラム、ローズマリー

生理痛・PMS

ラベンダー、ゼラニウム、クラリセージ、イランイラン、ローズ

風邪・インフルエンザの予防

ユーカリ・ラディアタティーツリー、ラヴィンツァラ

水虫予防

ティーツリー、パルマローザ、ゼラニウム

足湯に使いやすい洗面器やたらい

足がゆったりおさまる使いやすいサイズ感の洗面器やたらいを集めてみました。

▼プラスチック製で約1,000円とお手ごろプライス。

▼長く使い続けられる野田琺瑯のホーロー製たらい。4,000円前後で購入できます。

▼こちらは足をまっ平らには伸ばせませんがほどよい大きさの洗面器。普段使いにもおすすめです。

足湯にアロマオイルを使う際の注意点

アロマオイル(精油)はお湯に溶けにくい性質があるため、皮膚刺激のあるアロマオイル(柑橘系、ミント系、レモングラスなど)を使う際には天然塩や植物オイルに薄めて使いましょう。

敏感肌の方は浴用の乳化剤を使うと安心です。

初めてアロマオイルを使う方は、以下の記事も参考にしてください。

これだけは知っておきたい!アロマオイルの正しい使い方と注意点

2016.02.12

おわりに

アロマオイルを取り入れたフットバス(足浴)は手軽にできて効果もバツグンです。

体の冷えやむくみが気になるときや、普段シャワーだけで済ませてしまうことが多い方はぜひ一度試してみてくださいね。

小田ゆき
お気に入りのアロマオイルでリラックスしながら、ゆったりフットバスの時間を楽しみましょう。

足湯 アロマ

RECOMMENDこちらの記事もどうぞ